ランドセルおすすめ人気ランキング【2022年】口コミ・評判で徹底比較

おじいちゃんおばあちゃんもワクワクする可愛いランドセル。

まだ早いかなとのんびりしていると「欲しかったランドセルは売り切れていた!」ということも人気のランドセルはよくあることです。

予約で完売したランドセルも増えてきましたので、購入がまだの方は人気のランドセルが売り切れる前に急ぎましょう。

→男の子の人気ランキングへ

→女の子の人気ランキングへ

今人気のランドセルをランキング順に紹介しています!参考にしてみてくださいね!

すぐにランキングを見る

ランドセルのおすすめ人気ランキング15選【2021~2022年度】〈男の子/女の子ブランド〉

予約で売り切れてしまうカラーもある増えてきているので要注意。

2021、2022年新学期に向けて、そろそろ用意したい人気でおすすめのランドセルを10選ランキングにしました。

カタログ請求は無料なので、気になるランドセルを見比べてみましょう。

※2021年度は既に完売(黒川鞄、池田屋)がございます。
※2022年度のカタログ請求(無料)一部開始しました。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】鞄工房山本

当サイトで一番売れたランドセル

鞄工房山本は素材へのこだわりが非常に強く、品質はそのままに軽量化・トレンドを意識したデザインへの挑戦と注目されています。

シンプルな中にも、子供を惹きつけるデザインで完成度が高いのが特徴。

生産数が少なく、予約も早期でいっぱいになるなど、これからも目が離せません。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→鞄工房山本の口コミ&評判はこちら

素材 牛革メイン
重さ 1,100g
~1400g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 57,000円
~179,000円
評価 ★★★★★

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【2位】フィットちゃん

フィットちゃん

デザインが可愛いのにリーズナブル
最大9,000円の早割キャンペーン中

インパクトのあるのCMで人気のフィットちゃんとにかくカラーバリエーションが豊富

安全性にも定評があり、「安ピカッシリーズ」は暗い夜道でランドセルが光るので通学が徒歩の子供も安心です。

ランドセルと背中がピッタリフィットすることで、走っても体に負担をかけることなく動きやすいランドセルになっています。

ネットの購入で割引されるキャンペーン実施中で、中にはネット注文の方が9,000円以上もお得なランドセルもあります。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→フィットちゃんの口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人口皮革・牛革
重さ 910g
~1,300g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 39,900円
~97,200円
評価 ★★★★★

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【3位】羽倉(HAKURA)

22色のカラーバリエーション

羽倉(HAKURA)は、カラーが22色と他の工房系メーカーと比べても最多。

基本的に男女兼用ですが、工房系らしい美しくおしゃれなデザインです。

ランドセルのネーム入れやステッチなど、細かなオプションをつけることができます。

「シンプルな中に個性」を出したいのであれば耐久性にも定評のある羽倉(HAKURA)ランドセルがおすすめです。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→羽倉の口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 1,250g~
1,455g前後
6年間保障
A4フラットファイル対応
価格 53,900円~
93,500円
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【4位】黒川鞄工房(※2021年度は完売)

すべてが職人による手仕上げ加工のランドセル

黒川鞄工房のクラリーノランドセルは毎年6月前後には売り切れてしまうほど人気のランドセル。

120年の老舗工房で、最初から最後まですべてが職人による手仕上げと非常に贅沢な加工をしております。

重くなりがちな工房系ブランドのなかにあって、「はばたくランドセル」は軽量で使いやすいと評価も高くキッズファッション誌「sesame」でも毎年紹介されています。

※2021年度完売(~2020年5月24日)
※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→黒川鞄の口コミ&評判はこちら

素材 クラリーノ・天然皮革
重さ 1,380g
~1,680g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 62,640円
~213,840円
評価 ★★★★★

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【5位】池田屋(※2021年度は完売)

池田屋

染色技術の高さはピカイチ!
カラフルで個性的なランドセル

池田屋はシンプルなデザインですが、カラーの発色がどのメーカーよりも優れていると評判です。

トレンドに左右されたくない・ベーシックなデザインだけど、子供の希望もしっかり反映させたいなら選んで正解。

あまり派手なランドセルを好まないお子様にも人気のランドセルです。

ステッチ部分のワンポイントやコンビカラーなどおしゃれな一面もあります。

※2021年度完売(~2020年7月)
※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→池田屋の口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 1,100g
~1400g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 44,280円
~95,040円
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【6位】萬勇鞄(まんゆうかばん)

萬勇鞄(まんゆうかばん)

一つのデザインで素材を好きに選べます

萬勇鞄は、1つのデザインでクラリーノ・天然皮革の好きな素材を選ぶことができます。

「デザインは気に入ったけど、素材が…」なんてこともよくありますが、そんな時もデザインと素材をすり合わせられるので安心。

自社内で製造していますので、クラリーノも職人が1つ1つ手縫いで補強を施し強度も抜群ですよ。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→萬勇鞄の口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 1,100g
〜1400g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 52,920円
~99,360円
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

 

【7位】カバンのフジタ

カバンのフジタ

ふわりと跳ね上がりたくなる軽さ

カバンのフジタは、工房系のランドセルの中では非常に軽いことが特徴。

なぜ軽いかというと「コロンとまぁるいランドセル」という独自の技術が使われているからです。

軽いだけではなく、フォルムが丸く可愛いデザインにもなっております。

全78種類のデザイン数のランドセルがあるので、子供にピッタリのランドセルが見つかること間違いなし。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→カバンのフジタの口コミ&評判はこちら

素材 クラリーノ・牛革
重さ 1,150g
~1,350g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 49,800円
~69,800円
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【8位】セイバン 天使の羽

CMでもおなじみ大手メーカー

セイバンのランドセル「天使のはね」の機能は、もはやどこのメーカーにも付属されたほど有名です。

子供の使い易さを一番に考えているランドセルとも言えるでしょう。

6年たっても購入した時のままの美しさと口コミ評価も高く品質の良いランドセルと言えます。

「男の子はカッコイイ」「女の子におしゃれ」と、うならせるデザインは何年経っても安定したクオリティです。

直営店・ネット販売で最大50%OFFキャンペーンを行っておりますのでお見逃しなく。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→セイバン天使の羽の口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 960g
~1,170g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 51,516円
~82,620円
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【9位】MOGI(モギカバン)

トレンドのランドセルも老舗のランドセルメーカーで!

MOGI(モギカバン)は老舗の鞄メーカーらしく、天然皮革を中心にクラリーノ・キューブシルエットも展開。

男女兼用のシンプルなデザインはもちろんですが、ステッチやサイドデザインなどに細かなこだわりも感じられます。

カラーバリエーションも豊富で、ランドセル保証も製造元と安心して6年間使えます。

※2022年度のカタログ請求が開始しました。

→MOGIの口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 1,100g
~1,450g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 50,000円
~108,000円
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【10位】KIDS AMI(キッズアミ)

KIDS AMI(キッズアミ)使いやすくデザインも豊富!手縫い仕上げのランドセル

職人手作りのランドセルKIDS AMI(キッズアミ)は、価格はリーズナブルでデザインも豊富

トレンドに左右されることなく、シンプルながらも背負いやすく頑丈でしっかりした作りが魅力です。

ランドセル貸し出しサービスもやっていますので、展示会に参加できなくても安心。

定番のデザインはもちろんですが個性的なランドセルもあり、カジュアルな横型ランドセルは教科書の出し入れが楽と評判です。

素材 人工皮革
牛革
コードバン
重さ 1,000g~1,650g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 58,300円~
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【11位】村瀬鞄行

村瀬鞄行充実した装備と背負いやすさを追求した老舗ブランド

村瀬鞄行のランドセルは、高い技術力をもった職人の手で一つ一つ作られています。

軽量モデルはもちろんのこと、高級ランドセルも期間限定の特別価格で購入できるのも魅力。

「匠シリーズ」では、熟練職人しか手掛けることのできない細やかな技法が見られます。

6年間使ってもヘタレることのない丈夫さと機能性を追求した美しいランドセルは、大人になっても色あせることなく輝きます。

素材 コードバン
牛革
クラリーノ
重さ 990g~1,750g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 44,000円~
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【12位】池田地球ランドセル

池田地球ランドセル

クラッシックなデザインが人気!コラボモデルも注目です

ランドセルの素材にこだわった工房系ブランドの池田地球ランドセル

比較的価格もリーズナブルで正統派デザインがメインです。

地球NASAランドセルは、NASA用に開発された快適素材「テンバーフォーム」を搭載

衝撃に強く体に負担をかけないランドセルとして注目されています。

素材 ベルバイオ5パール クラリーノ エフ ベルバイオ5
重さ 1,110g~1,290g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 60,500円~
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る
→カタログ請求はこちら(無料)

【13位】ふわりぃ

ふわりぃ公式オンラインショップでは豪華特典

デザインに定評のあるふわりぃは、デザインがとにかくお洒落なランドセルが揃っています。

カラーはもちろんですがモデルも豊富で、大きさや重さなど子供の身長や体型にマッチしたランドセルを選べます。

web限定ランドセルもあるので、公式サイトをしっかりチェックしましょう。

またオーダーメイドランドセルは4パターン用意されており、フルオーダーからセミオーダーまで自由な選択で唯一無二にのランドセルが作れます。

素材 クラリーノ、クラリーノエフ
重さ 900g~1090g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 39,416円~
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【14位】生田

生田手作りにこだわった上質ランドセル

創業60年の老舗ランドセル工房生田は創作技術が高く、シンプルながらも美しいランドセルは毎年人気です。本体のカラーに合わせて、ふちや糸、蓋の内側の色や柄を自由にカスタマイズできます。

6年間大切に使うために、補強材をランドセル側面に取り付けていますので型崩れすることなく大切に使えます。また、ランドセルすべてに撥水加工を施していますので、雨雪にも強くいつまでも輝きを失いません。

素材 牛革 人工皮革
重さ 1,260g~
6年間保障
A4ファイル対応
価格 52,500円~
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【15位】土屋鞄のランドセル

工房系の代表ブランドでクラリーノが秀逸

土屋鞄のランドセルはカブセに鋲が縦に2つ並ぶクラシックなデザインが人気。

トレンド感はありませんが、工房ならではの雰囲気が好まれています。

マグネット錠は手動で、素材は牛革メイン(コードバン、クラリーノ、ヌメ革)。

風合いを重視し、ランドセルの素材にもこだわりたい家庭に人気があります。

→土屋鞄の口コミ&評判はこちら

素材 天然皮革中心
重さ 1,100g
~1400g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 62,000円
~120,000円
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

【16位】イオンのランドセル

かるすぽ

個性的なデザイン多し!軽くてリーズナブル

イオンのランドセルラインナップが豊富で「子供が好きなランドセル」がとにかく揃っているのは魅力。

安定のイオンクオリティで、下見も家族で出かけてチェックできるのも安心感があります。

個性的なものから定番まで、自由度が高いですがランドセルメーカーと比較すると割高感もあります。

大きめのポケットは「子供が自分で出し入れしやすい」と評価も高く荷物をコンパクトにしたいお子様向け。

→イオンの口コミ&評判はこちら

素材 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 910g
~1,300g
6年間保障
A4ファイル対応
価格 44,400円
~77,760円
評価 ★★☆☆☆

公式サイトを見る

ランドセルの比較表

ブランド名 鞄工房山本 フィットちゃん 黒川鞄工房 池田屋 萬勇鞄 羽倉 カバンのフジタ セイバン 天使の羽 MOGI(モギカバン) KIDS AMI(キッズアミ) 村瀬鞄行 池田地球ランドセル ふわりぃ 生田 土屋鞄のランドセル イオンのランドセル
画像 鞄工房山本ロゴ フィットちゃんロゴ 黒川鞄工房ロゴ 池田屋ロゴ 萬勇鞄ロゴ 羽倉ロゴ セイバン 天使の羽ロゴ MOGI(モギカバン)ロゴ キッズアミロゴ 村瀬鞄行ロゴ 池田地球ロゴ ふわりぃロゴ ランドセル工房生田 土屋鞄のランドセルロゴ イオンのランドセルロゴ
特徴 人気急上昇中の老舗の鞄工房 デザインが可愛いのにリーズナブル すべてが職人による手仕上げ加工のランドセル 染色技術の高さはピカイチ!カラフルで個性的なランドセル 一つのデザインで素材を好きに選べます 職人気質のメーカーでなランドセルが人気 ふわりと跳ね上がりたくなる軽さ
大手ブランドならではの充実した機能が人気
トレンドのランドセルも老舗のランドセルメーカーで! 使いやすくデザインも豊富!手縫い仕上げのランドセル 充実した装備と背負いやすさを追求した老舗ブランド クラッシックなデザインが人気!コラボモデルも注目です 公式オンラインショップでは豪華特典 手作りにこだわった上質ランドセル 工房系の代表ブランドでクラリーノが秀逸 個性的なデザイン多し!軽くてリーズナブル
素材 牛革メイン コードバン・人工皮革・牛革 クラリーノ・天然皮革 コードバン・人工皮革・牛革 コードバン・人工皮革・牛革 コードバン・人工皮革・牛革 コードバン・人工皮革・牛革 コードバン・人工皮革・牛革 コードバン・人工皮革・牛革 人工皮革 牛革 コードバン コードバン 牛革 クラリーノ ベルバイオ5パール クラリーノ エフ ベルバイオ5 クラリーノ、クラリーノエフ 牛革 人工皮革 天然皮革中心 コードバン・人工皮革・牛革
重さ 1,100g~1400g 910g~1,300g 1,380g~1,680g 1,100g~1400g 1,100g〜1400g 1,100g~1400g 1,100g
~1400g
960g~1,170g 1,100g~1,450g 1,000g~1,650g 990g~1,750g 1,110g~1,290g 900g~1090g 1,260g~ 1,100g~1400g 910g~1,300g
A4ファイル対応
6年間保障 〇※無料修理明記なし
価格 57,000円~179,000円 39,900円~97,200円 62,640円~213,840円 44,280円~95,040円 52,920円~99,360円 52,920円~91,800円 44,280円
~95,040円
51,516円~82,620円 50,000円~108,000円 58,300円~ 44,000円~ 60,500円~ 39,416円~ 52,500円 62,000円~120,000円 44,400円~77,760円
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

ランドセルのQ&A

ランドセルを選ぶ時に着目するのは、素材だけでなく「子供が使いやすい」こと。また6年間使うためには、親の意見だけでなく子供が欲しいものも検討すべきです。ランドセルを購入する際に重視しているポイントは何かをチェックしましょう。

①口コミ・評判が良いランドセルで決めても問題ない?

「使い心地」や「子供が通学するときに負担にならないか」はランドセル選びにはとても大切なことです。素材やデザインだけでなく、教科書や体操服などが収納しやすいのか、体に負担がかからないかは使った子供の意見が重要です。

機能性の口コミ・評判が良いランドセルは、子供が使いやすく快適だということですから選択する上での参考にして良いでしょう。ただ、口コミだけで購入するのではなく、実際にランドセルを背負わせてみることも大切です。

老舗メーカーだから、自分の子供にマッチするとは限りません。こどもが「これなら6年間大切に使える」と感じたものを購入しましょう。

ケイトスペードのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

吉田カバン(ポーター)のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

コクヨのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

こどもビームスのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ビームスのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

竜騎士ランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

スドウのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

村瀬のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ベネッセのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

コードバンのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ポケモンのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

あんふぁんのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

フェフェのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ぴょんちゃんランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

澤田屋のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

くるピタのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

キャサリンコテージのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

アナスイのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

プライベートレーベルのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

Leeのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

レクサスのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ゆめタウンのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

バービーのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

シャーリーテンプル のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

コストコのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ロデオランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

コキチカのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ケイトスペードのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

クラリーノのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

コンバースのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ラルフローレンのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

プーマのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ナイキのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

アディダスのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

アクタスのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

神田屋のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

イトーヨーカドーのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

高島屋のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

Lirico(リリコ)のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ララちゃんのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

中村鞄のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

カザマのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ニトリのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

カバンのフジタランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

アタラのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ミキハウスのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ガルソンのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ヘルツのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ファミリアのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

おおばせいほうのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

ふわりぃのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

生田のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

三越伊勢丹のランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

メゾピアノのランドセルの口コミ&評判は?価格・店舗・サイズまとめ【2020~2021年度】

②女の子・男の子、どちらも使えるランドセルってどうなんでしょうか?

最近は「男の子のランドセルはシャープでカッコイイ」「女の子はキラキラやおしゃれ」なデザインが人気です。ランドセルを使うのは、子供本人なので「シンプルなランドセルが好き」というなら兼用デザインでカスタマイズするのもおすすめです。

紹介した鞄工房山本は、兼用ランドセルだけでなく種類が豊富なので一度ご覧になってください。

【関連記事】
【2021年】男の子ランドセルのおすすめ人気比較ランキング10選

【2021年】女の子ランドセルのおすすめ人気比較ランキング10選

③高級ブランド&メーカーのランドセルってどうなんですか?

ランドセルは小学生が6年間使うことを考えて製造されていますので、素材はもちろんですがデザインが決まっています。どんな職人が手をかけても、10万程度が最高ランクです。

話題性から数十万もするランドセルが話題になりましたが、あくまでも「話題性」や「大人が使う」ことを考えて作られていますので小学生には必要ありません。犯罪に巻き込まれる可能性を考えると、小学生に高級ブランド&メーカーは不要です。

【関連記事】
ランドセル人気メーカーの一覧【10選】

ランドセル人気ブランド10選

④安い(激安・格安)・中古やアウトレット・型落ちランドセルは駄目でしょうか?

安いランドセルでも使えないことはありませんが、6年間同じ状態をキープするのは難しいです。途中で買い替えるからと仰る方もいますが、それなら型落ち(前年度モデル)や中古ランドセルを選んだ方が費用的にもお得になります。

 

⑤ランドセルの重さが軽い・重いの基準は?

重量自体はまったく問題はないので何gなら軽い・重いの基準でランドセルを選ぶ必要はありません。本体の重量が重くても、体にフィットしたランドセルを選べば重量は分散されますので軽く感じます。

構造に工夫があり、背負って軽く感じるフィットちゃんセイバン天使の羽は子供の体への負担を軽減してくれます。

⑥おしゃれなランドセルや人気色が多いメーカーはどこですか?

近年は個性的な色も増えて、非常におしゃれなランドセルが多くなりました。ただ、色やデザインにこだわってしまうと、後々後悔してしまう可能性があるので注意しましょう。

女の子には定番の赤やピンク系が安定した人気、刺繍でさりげなく個性を出せるものを選ぶ傾向にあります。男の子は黒や紺系の定番カラーに差し色のラインが入っているものとても人気です。

安定した人気とデザイン力ではセイバン 天使の羽です。個性的なラインナップが豊富で必ず気に入ったものが選べます。

【関連記事】

緑(グリーン)ランドセル10選【男の子・女の子】

水色(ライトブルー)ランドセル10選【男の子・女の子】

白(ホワイト)ランドセル10選【男の子・女の子】

紫(パープル)ランドセル10選【男の子・女の子】

赤(レッド)ランドセル10選【男の子・女の子】

黒(ブラック)ランドセル10選【男の子・女の子】

ゴールドのランドセルはあり?みんなが選んでいるゴールドランドセル3選

⑦ランドセルのサイズの選び方を知りたいです

ランドセルの大きさには4種類ありますが、近年はA4フラットファイルが入るランドセルが一般的になっています。この大きさのランドセルであれば、どの学校のファイルにも対応できるので安心です。

「A4クリアファイル」「A4フラットファイル」に記載があるので必ずそこをチェックしましょう。「A4クリアファイル対応」のランドセルは幅が少し狭くなるので物が多いと入れにくいです。

十分な大きさと機能を考えると「A4フラットファイル」対応のランドセルがおすすめです。A4クリアファイルタイプは人気がないので、安く購入することができますが6年間使うことを考えるとこれからの教育に対応した「A4フラットファイル」サイズを選ぶべきです。

失敗しないランドセルの選び方!コツや選ぶポイント5つ!

⑧ランドセルの価格・値段の相場は?

ランドセルの平均価格は40,000円~50,000円台です。ランドセルの値段は「素材」によって異なりますので天然皮革に比べると人工皮革の方が手頃です。

紹介した10社はどれも高品質で捨てがたいのですが、価格とデザインのバランスのよいフィットちゃん、ランドセルの基本形セイバン 天使の羽、牛革ランドセルなら池田屋は要チェックです。

【関連記事】
ランドセルの平均的な値段は?価格相場を調べてみた

⑨ランドセル工房の展示会とは?

工房型のランドセルを購入したいけれど工房までは出向けない方や、背負ってからランドセルを購入したい方のために行うのが展示会です。多くの工房では全種類を展示しますので、デザインや素材の確認、背負い心地を確認することができます。

当日気に入れば予約することもできますし、前年の3月から5月あたりに全国の主要都市で展示会が行われていますので休みを利用してお気に入り工房の展示会に参加してみましょう。

【関連記事】
【2022年度最新版】ランドセルの展示会情報まとめ(合同展示会から各メーカーの展示会まで)

ランドセルのまとめ

価格やメーカーだけで選ぶのではなく、耐久性やデザインなど自分がどんなランドセルを子供のために選びたいのかをおさえてから選びましょう。

また子供の意見を取り入れるのは良いのですが、「6年間大切に使えるランドセルを選んで欲しい」ことを伝え、衝動的にトレンド感の強いものを選ばないようにしてあげてください。

もう一度ランキングを見る

※2023年度、2024年度、2025年度モデルについてはまだ公開されていません。

【よく読まれる記事】

【2022年】ランドセルカタログ一括資料請求10社(無料)

【2022年度最新版】ランドセルの展示会情報まとめ(合同展示会から各メーカーの展示会まで)

女の子に人気ランドセルのおすすめ比較ランキング10選【2021年~2022年】

男の子に人気ランドセルのおすすめ比較ランキング10選【2021年~2022年】

【関連記事】

ランドセルラックをDIYするメリットとデメリット!DIYのアイディアも紹介

手作りランドセルってどんなランドセル?メリット・デメリットから工房3選まで

横型のランドセルってどんなランドセル?購入できる通販サイトも紹介

ランドセルを寄付する際の注意点と寄付を受け付けている団体まとめ

ランドセルのリサイクル方法5選!それぞれの方法でリサイクルするときの注意点も

ランドセルの置き場所はどこがいい?定番の置き場所とそれぞれのメリット・デメリット

ランドセルを買うならココ!ランドセルが購入できる通販サイト11選!

ランドセルの修理について徹底解説!保証の種類や修理の流れ、修理してくれるリペアショップまで

ランドセルの収納に最適な定番のランドセルラック6選

みんなどうしてる?ランドセルの収納アイディアと収納アイテム3選

ランドセルにレインカバーは必要?選ぶときのポイントと定番のレインカバーを紹介!

在庫処分品のランドセルってどんなランドセル?購入できる通販サイトも

ランドセルにキーケースをつけるときの注意点と選ばれているキーケース3選

ランドセルにカバーは必要?男の子向けのカバー3選と女の子に向けのカバー3選

セール品のランドセルはいつが買い時?セール品を購入できる通販サイトも

ランドセルの最適な購入時期はいつ?ランドセル商戦のスケジュールから狙うべき購入時期を分析

ランドセルで肩を痛めてしまう原因は?みんなが選んでいるランドセル肩パッド3選

ランドセル用の防犯ブザーの選び方とこれを選んでおけば間違いない防犯ブザー3選

入学式にランドセルが必要?必要ない?持っていくのべき理由と持っていくものまとめ

ランドセルの代わりにリュックを持たせるのはアリ?リュックの魅力と定番のリュック3選

半かぶせのランドセルってどんなランドセル?メリット・デメリットや話題のランドセルについて紹介!

いらなくなったランドセルはどうする?ランドセルの定番の処分方法まとめ

ランドセルはどんなものにリメイクできる?リメイク工房も3ヶ所紹介!

高級ランドセルってどんなランドセル?購入する際の注意点から話題の高級ランドセルまで

ランドセルの革の種類を7つの項目で徹底比較!あなたのお子さんに向いているのはどれ?

ランドセルに鍵をつけてもたせるのはアリ?ナシ?持たせる場合の注意点ともたせ方について

オーダーメイドランドセルについて徹底解説!ランドセルをオーダーメイドできる通販サイトも

ランドセルの種類にはどんなものがある?4つの項目で種類を比較

ランドセルはアウトレットで買うとお得!店舗やネット通販まとめ

型落ちランドセルの買い時は?メリット・デメリットや購入できる場所について解説!

海外のランドセル事情と日本のランドセルが注目を集めている理由

ランドセルに雨カバーは必要?雨カバーを選ぶときの3つのポイントとは

ランドセルの名前の由来は?ランドセルの歴史を振り返ってみました